宇野バス

民間バス事業者で最低運賃になりました

宇野バスの運賃は民営で日本最安

2015年10月1日、弊社の運賃・基準賃率23円20銭が、対キロ区間制運賃制度を採用する全国の民間バス事業者で「最低」になりました。基準賃率の全国平均は40円02銭。公営バスを含めた180社の中でも全国2番目の安さです。

全国には174の民間路線バス事業者(保有車両30台以上)があります。多くのバス会社が経済上の理由で運賃を値上げする中、宇野バスは基本的に運賃据え置きで走ってきました。今回も他社が値上げする中で、弊社は運賃据え置きとし、ついに民間で最低の運賃となりました。バスは公共性の高い乗り物ですので、お客様にとっては当然安い方が良いという思いの中、企業としては採算を考え、安定した経営、満足度の高いサービスを続けていきたい。その為に、様々な工夫(企業コンセプト参照)をしてきました。その成果が少しずつ評価されてきているのではないかと感じております。

今後は、公営も含めて運賃最安値を目指すとともに、サービス満足度でもトップを目指したいと考えております。ご利用のお客様、地域の皆様にとって「宇野バスがあって良かったね」と言っていただけるよう、さらに気を引き締めて頑張って参りますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

以上